忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
アイキャンフハイ。
[1]  [2
プロフィール
HN:
ごめんなサイ
性別:
非公開
職業:
専門職
趣味:
自画自賛
自己紹介:
明日は何をしようか






フリーエリア
うちのタマ知りませんか?
フリーエリア
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




常野物語シリーズです。

名作。

早く続編が出てほしい。
PR
八雲シリーズ3です。

なんだかんだ言って買ってます。



文庫が三巻までしか出てないのでとりあえず休憩です。
もうすぐお父ちゃんが登場かな?




テレビブロス ワロタ^^

なんて記事書いてるんだwwww

男萌えwwww
苦手なものは「貯金」で、得意なことは「遅刻」だってw
友達になれそうw


昨日トマトとカラオケいてきました。

普段自分たちが歌ってる歌を交換しました。

無理!私プリキュアなんて歌えない!!

少し前に映画化された小説です。

ノンフィクションに近いフィクション。
アジアの闇の部分を描いた小説。

性の奴隷としての生き道しかない子供たちと、
それを助けようとする日本人とNPO団体の話。




子供を売る親、
子供を買う売人、
ストリートチルドレンであり男娼であった売人、
売人をまとめるマフィア、
マフィアが経営するペドフィリア専門の店、
子供を抱きにくる先進国の人々、
黙認する政府。


とまぁ、悪の悪循環な内容でした。
『生きながら火に焼かれて』が伝統的な悪習による悲惨な現状を訴えたものだっとしたら、闇の〜はアジア圏の出来事なうえに子供を買いにくる日本人もいるのでより身近なリアルでした。

「全く何事も我々には判らぬ。理由もわからず押し付けられたものをおとなしく受け取って、理由も判らず生きていくのが、我々生き物の定めだ。」(『山月記』)

この子供たちに押しつけられたモノはあまりにも重い。

映画のほうはかなり、残酷なシーンは削られているようです。

恩田陸『夜のピクニック』

恩田さんのは『MAZE』を読んで以来ファンですが、
いかんせん、出版のスピードが半端無くて、一時恩田陸を離脱してました。
『MAZE』のほかにも『常野物語』とかおすすめ。切なすぎてメッチャ泣ける。



しかし、この『夜のピクニック』

ぐはぁ!!

せ、青春を謳歌していなかったウチが読むのには大変キツかった・・・!

甘酸っぱいよコレ!

何この透き通った青春は!

『MAZE』の心からの謎の恐怖感も、
『常野物語』の悲しい切なさも何も無いよ!
『六番目のさよこ』をもっと透明化させた感じだよ。
買っちゃいました、第二巻。




八雲の過去が段々判明してきましたねー。

八雲の性格は、よく眠るナル(ゴーストハント)って感じです。
口がすごく達者。

三巻も買いそうな勢いだな。
なんにせよ、表紙がかっこいいんだもの。
内装、外装って大事ですね。


蒼ー、うちが乗る電車はそんなラッシュじゃないんだよ^^
ラッシュがちょっと終わったくらいの時間なんでw


HOME次のページ >>